【イベントレポート】JANOG44 meeting in Kobe

去る2019年7月24日(水)~29日(金)の3日間、兵庫県神戸市の神戸国際展示場で「JANOG 44 meeting in Kobe」が開催され、国内の通信事業者やメーカー、システムインテグレーターなどの企業・組織に所属するメンバーを中心に多数参加されました。
当社もこのイベントにブース出展し、S.T.E.P 札幌データセンターの紹介などを実施いたしました。

JANOGとは?
JANOGとは「日本ネットワーク・オペレーターズ・グループ ( JApan Network Operators’ Group ) 」の略称で、1997年に発足。
インターネットにおける技術的事項および、それにまつわるオペレーションに関する事項を議論・検討・紹介することにより、日本のインターネット技術者および、利用者に貢献することを目的としたグループ。

| イベント内容について

会場内の当社ブースの様子

このイベントは、年に2回 (小規模イベントを含めると数回) 開催されております。
開催期間中の神戸は連日30度を超える猛暑でしたが、会場では、参加企業・団体によるブース展示の他に、多数のプログラムが用意されたプレゼンテーションやセッションが行われました。

イベント初日の開会宣言に続き、日本のインターネットの頑健性について議論する「日本のインターネットは本当にロバストになったのか」といったセッションがスタートし、普段はなかなか知る機会が少ないネットワーク運用に関する貴重な情報や実際の体験談の紹介、参加者同士の交流や情報交換、議論などが活発に行われましたが、これらの模様については、ハッカソンなど一部のプログラムを除き、アーカイブとして資料(PDF)や動画コンテンツも公開されております。ご興味がお有りの方は、下記リンクからご覧ください。

→ JANOG44プログラムはこちら

| 次回の JANOG 45 は札幌で開催!

次回のJANOG 45ですが、2020年1月22日(水)~24(金) の3日間、札幌で開催されることが決定しており、株式会社ネクステック様と共に当社がホストを務めさせていただく事になりました。
(当社がホストを務めさせていただくのは、2003年7月に開催されたJANOG 12に続いて2回目となります)


イベントの概要やプログラム内容などはまだ公開できる段階ではございませんが、JANOG 44の会場でも次回開催のご案内を行い、多くの皆様からの期待の声を頂いております。
ネットワークに関する有益な情報に触れることができる貴重な機会となりますので、ぜひ多くの方々にご来場いただきたいと思っております。(ユーザー企業の皆様や学生の皆様といった一般参加のご来場も可能です)
詳細につきましては、今後、JANOGの公式サイトにて公開される予定ですので、どうぞご期待ください。