【Questions】ハイブリッドクラウドを活用する上でデータセンターを利用するメリットは?


Questions」では、お客様から寄せられたご質問やご要望を基に、サービスやソリューションについて紹介いたします。今回は、お客様から寄せられました「ハイブリッドクラウドを活用する上でデータセンターを利用するメリットは何ですか?」というご質問についてです。

クラウドの概念や仕組みが登場する前は、企業や組織が情報システムを構築しようとする際、今でいうオンプレミス環境でのシステム構築・運用があたりまえでした。
オンプレミスではシステム設計の自由度の高さなどのメリットがありますが、機器の導入や運用管理、安定稼働させるための環境整備などの面で人的リソースの確保やコストが高めになる、運用管理工数がかかるといった弱点を抱えています。

そこへクラウドコンピューティングが登場し、運用開始までのリードタイムの短縮や、システムが不要となった場合も機器の償却や廃棄といったことを気にせず利用できることなど、コストや管理工数の低減に大きな効果をもたらすこととなり、今では多くの企業や組織で利用される状況に至りました。

しかし、そのクラウドも万能という訳ではなく、

・オンライン (インターネット接続) でなければ使えない。
・提供事業者が定めたサービス仕様によって制約を受けてしまうケースがある。
・クラウド利用する時間やデータ転送量に応じた従量制サービスもあり、その場合のコスト算定が難しい。
・セキュリティ性に対する懸念やデリケートなデータを外部に持ち出す事に対する不安がある。

などといったオンプレミスにはなかった弱点も存在します。

そこで考え出されたのがハイブリッドクラウドです。
オンプレミス環境とパブリック/プライベートクラウド、ハウジングなどのサービスを組み合わせた形態で、それぞれのメリットを活かしながら、効率的・効果的に情報システムを構築・運用するというものです。

当社サービスにおけるハイブリッドクラウドの構成例

このハイブリッドクラウドに対して、当社のS.T.E.P 札幌データセンターでは、お客様のサーバなどをお預かりするハウジングサービスをはじめ、お客様の拠点や外部のクラウドサービスや他社データセンターとの接続を実現できる各種のネットワークサービスを用意しております。
また、当社のクラウドサービス「S.T.E.P プライベートクラウド」は、このS.T.E.P札幌データセンター内に設置された設備にてサービス提供いたしており、「ハウジング環境とクラウド環境を連携させたい」といったお客様のニーズに合わせて柔軟なシステム構成が可能となっております。
何より、データセンターを利用したハイブリッドクラウドを活用することは、耐災害性に優れ、安定した電源供給や強固なセキュリティ性を備える運用環境を実現できることが最大のメリットになるでしょう。
さらに、必要に応じて運用支援サービスなどをご利用いただくことにより、業務の省力化・効率化も実現できます。