【Questions】データセンターの電源は安定供給されますか?


Questions/Request」では、お客様から寄せられたご質問やご要望を基に、サービスやソリューションについて紹介いたします。
今回は、お客様から寄せられました「御社のデータセンターでは安定した電源供給は行われますか」というご質問についてです。

データセンターではお客様からお預かりしたサーバなどの機器を安定的に稼働させる必要がございます。そのため、電源供給の仕組みには万全を期することが不可欠です。
昨年、9月に北海道で発生した地震が原因で起こった大規模な停電は皆様のご記憶にも新しいと思いますが、そうした万が一の状況に対する二重三重の備えを行い、お客様にご不便をお掛けしないことがデータセンター事業者の責務となります。

当社のSTEP札幌データセンターでは、1ラックあたり最大20kVAの電源をご利用いただくことが可能な仕様となっておりますが、その電源の安定供給のため、以下のような備えを行っております。

異なる変電所から本線・予備線の特別高圧2系統を受電
72時間無給油で連続運転可能な自家発電装置を完備。
無停電電源装置を完備。

| 異経路2系統受電による安定供給

外部からの電力は、異なる変電所から本線と予備線の異なる経路による2系統受電としています。
また、それぞれ地中化された線路から引き込まれております。地中埋設の線路は、車両等の接触事故や地震などによる断線に強いことがメリットです。

| 72時間無給油で連続運転が可能な自家発電設備

当社データセンターでは自家発電設備を完備しており、72時間にわたって無給油で運転させることが可能です。
また、燃料についても有事を想定した供給体制を整えておりますので、万が一、外部からの電源供給が途絶えてしまった場合でもご安心いただけます。

| 無停電電源装置

無停電電源装置は、電力が供給されない状態への備えとしてだけでなく、電力源の切替時にも重要な役目を担います。
この装置を介してハウジングラックに電力を供給することによって、切り替えの際に生じる一瞬の電源断も起こさない仕組みとなります。

当社のデータセンターをお選びいただいたお客様にとって、最大限の安心をお約束できるよう、こうした充実の設備でお客様へのサービスを提供いたしております。