ハイブリッド構成を実現するマルチな接続環境~「S.T.E.P札幌データセンター」のアピールポイント(28)

データセンターを活用する上で、ネットワークの接続環境は欠かせないものですが、ひとくちにネットワークと言っても様々な種類が存在します。
用途に合わせて選択し、ご利用いただくことになりますが、お客様の拠点などで使用する場合と異なり、一般的なデータセンターでは利用可能なサービスや接続形態が限定されるケースもございます。

当社のS.T.E.P札幌データセンターでは、お客様ごとに異なる多様なニーズにお応えすべく、接続可能なネットワークをできるだけ多くラインナップしております。
当社は元々通信回線の提供から事業をスタートしており、ネットワーク接続とデータセンターのサービスを高いレベルで融合しております。
お客様の拠点とデータセンターを繋ぐ広域イーサネット接続サービス「L2L」やインターネット接続サービス「HOTCN」、マネージドVPNサービスなどのサービスメニューを用意してお客様の多彩なニーズにお応えします。

また、当社以外の通信事業者が提供する各種ネットワークサービスもご利用いただけますので、お客様の拠点に設置されたオンプレミス環境や他社のホスティングサービスクラウドサービスなど、こうしたネットワークを介して当社データセンターと接続することが可能となります。
さらに、以前、別の記事でも紹介いたしましたが、当社データセンターでは、自治体向けのLGWAN接続や教育・研究機関向けのSINET接続を実現しており、既に多くのお客様にご活用いただいております。
当社は、通信事業者である強みを活かし、お客様にご満足いただけるメニューを各種取り揃えてハイブリッドな構成を実現いたします。

このほか、データセンターに関するお問い合わせは下記のメールアドレスにて承っております。
ご質問や現地見学のご希望も随時お受けいたしておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

 ■本サービスに関するお問い合わせ先: service-req@hotnet.co.jp