大規模地震発生による当社データセンターへの影響の有無について

先日から震災関連の記事をお伝えしておりますが、データセンター見学にお越しいただいたお客様からも施設や設備の耐震性などに関するご質問を多数頂戴しております。
今回は、そうした中から特にご質問の多い点についてまとめてみましたので、今後のデータセンター利用・選定の参考にしていただければ幸いです。

Q. 2018年9月に発生した地震の際、データセンター周辺の震度はどれくらいでしたか?

A. 気象庁の発表によりますと、当社データセンターが所在するエリアでは震度5弱を観測していました。
しかし、当データセンターの免震機能により、内部での落下物やラックの倒壊などは一切ございませんでした。

Q. その地震による影響で回線障害でサービス停止は発生しませんでしたか?

A. 当データセンターのサービス提供に関わる部分の回線障害は起こっておらず、サービス停止は発生しておりません。

Q. その地震によって大規模な停電(ブラックアウト)が発生しましたが、非常用発電機が問題なく動作し、商用からの切替運転ができましたか?

A. 当データセンターでは下図のような電源供給体制を整えており、ブラックアウトが発生した時点で無停電電源装置(UPS)や非常用発電機が正常に動作し、お客様のラックに対して無停止で電源を供給し続けました。

Q. 非常用発電機の運転中に燃料の給油は行いましたか?

A. 当データセンターでは、燃料タンクに72時間運転可能な量の燃料を備蓄して非常用発電機の稼働に用いていましたが、停電が長期化する可能性を考慮し、災害時優先燃料供給契約先から追加燃料の給油を行いました。

このほか、弊社データセンターに関するお問い合わせや、現地見学のご希望は下記のメールアドレスにて随時承っております。どうぞお気軽にご連絡ください。

 ■本サービスに関するお問い合わせ先: service-req@hotnet.co.jp