「平成30年北海道胆振東部地震」の発生と当社サービスの提供状況について

去る2018年9月6日未明に発生した「平成30年北海道胆振東部地震」により、お亡くなりになられた方に心からお悔やみを申し上げるとともに、被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

今回、北海道では過去に類を見なかった規模の大地震でしたが、発生から2週間が経過した現在は余震の回数も少なくなってきており、被害の大きかった一部地域を除き、インフラや物流の復旧も進み、徐々に以前の状態を取り戻しつつあります。

弊社におけるサービス提供状況についてお伝え致しますと、地震発生直後より非常事態体制で臨んでおりましたが、データセンターを始めとして主要な設備での建屋の破損・損壊といった状況にも至らず、非常用電源や自家発電装置などといった有事を想定した備えにより、データセンター設備やクラウド系サービスにおいて、停止する事態には至りませんでした。
また、通信サービスの一部が停止しておりましたが、2018年9月21日の時点で北海道内すべてのエリアで復旧しております。

弊社では今回のような規模の大きい災害発生時にも安心してご利用いただける継続性の高いサービス提供体制を実現致しておりますので、今後ともS.T.E.P 札幌データセンターならびに弊社各種サービスのご利用をぜひご検討いただければ幸いです。

弊社データセンターに関するお問い合わせは下記のメールアドレスにて承っております。
現地見学のご希望やご質問などは随時お受けいたしておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

 ■本件に関するお問い合わせ先: service-req@hotnet.co.jp