LGWANやSINETとの接続性~「S.T.E.P札幌データセンター」のアピールポイント(7) [update]

当社では、通信キャリア事業の一環として、地方公共団体情報システム機構が運営する「総合行政ネットワーク(LGWAN)」や、国立情報学研究所(NII)が運用する「学術情報ネットワーク(SINET)」との接続を行っております。
当社のS.T.E.P札幌データセンターでは、提供する機能としてネットワーク環境の充実度を高めることを念頭においており、上記のネットワーク接続環境を存分にご活用頂く事が可能です。

特に、ミッションクリティカルであることが求められる行政機関の業務において、ITシステムは、より安全で信頼性の高い環境で運用されることが理想的で、データセンターのような堅牢な環境での運用をお奨めいたしますが、弊社ではデータセンターとLGWAN接続環境を組み合わせてご提供可能ですので、より実用性の高いIT環境を構築して頂く事が可能です。
LGWAN上で提供される「LGWAN-ASPサービス」との連携が必要な自治体様の要件にも柔軟に対応することができますし、LGWAN-ASPの提供事業者様にもデータセンターをご活用頂けます。

また、国立大学法人東京農工大学様の事例を始めとして、国内の複数の大学において、既に弊社のデータセンターやクラウドサービスをVDI環境の運用などにご活用いただいております。
SINETに接続済みの教育機関であれば、上記の事例と同様に当社データセンターや各種サービスをご活用いただけますので、IT環境の効率的な運用などをご検討のお客様は是非弊社にご相談ください。

(この記事は、2017年11月に公開した記事を、2018年6月時点での最新内容に更新しています)

データセンターに関するお問い合わせは下記のメールアドレスにて承っております。
ご質問や現地見学のご希望も随時お受けいたしておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

当社サービスに関するお問い合わせ先: service-req@hotnet.co.jp