SINETとTOKYO Connectによるネットワーク冗長化~「S.T.E.P札幌データセンター」のアピールポイント(21)

弊社では、国立情報学研究所(NII)が運用する「学術情報ネットワーク(SINET)」との接続を行っており、複数の大学様の案件において、SINETを介したサービス提供の実績がございます。

例えば、首都圏のある大学様では、SINETを介して弊社の「S.T.E.P 札幌データセンター」をご利用いただいておりますが、ネットワーク接続の信頼性をより高めるために弊社の東京~札幌間のネットワークサービス「S.T.E.P xFunction – TOKYO Connect」とSINETを併用した冗長構成をご採用いただいた事例がございます。

この構成により、回線障害や輻輳状況などによる影響がでた場合であっても、平時と変わらずネットワークをご利用いただく事ができるだけでなく、用途や必要性に応じてトラフィック分散を行い、ネットワーク全体をより効率的にご活用いただく事も可能でしょう。